読み込み中…

選挙!!

 基本的には投票所に行って投票したい人ですが、今回は救急日(/ω\)
 ということで期日前投票に行ってきます。

 ということでいつもの「公約チェック」(`・ω・´)ゞ
 ちなみに記事が長いので「政治に興味ありません」の方は・・・しんどいと思います(笑)

 

 今回は国政選挙。
 松山は、「自由民主党」と「立憲民主党」の候補者なので、この2つの政党の公約で投票策を決めよう(*´ω`*)

 まずは「自民党」

 現政権なので基本的には「現状踏襲」なんだと思うが、やっぱり気になるのは「新しい資本主義」ってところかな。

さっとは目を通す・・・つもりだったが・・・
多すぎ(/ω\)何じゃこら?

と思ったら、ちゃんとpdfもあるやん

 昔はpdfが一番初めにあったけど、最近はpdfは分かりにくいところに隠されてる。
 webだけで見る人の方が多いってことなんだろうね。

 で、 「新しい資本主義」 に関しては、私の解釈としては「成長と分配」ってイメージかな。
 具体的には、公約にある

 「労働分配率の向上」に向けて、賃上げに積極的な企業への税制支援を行います。
 のあたり。

 ロジックとしては、企業が収益を上げる→労働者の給料を上げる→労働者が金を使う→企業が収益を上げる この好循環を目指す。
 これは教科書に載ってるレベルだが、「 労働者の給料を上げる 」に関して、税制支援をする。
 要するに「社長としても、税金で取られるくらいなら、従業員に給料として払った方がいいでしょ?」
 って解釈しました。

 まぁ、間違ってないと思うな。

 全体的には、「大変革はなく、今の生活が続く」って感じ。
 「現状」に満足している人はこちらになるだろうね。

 

 次は、野党 「立憲民主党」

 とりあえずテーマは「あなた」のようです。

 こんな感じで、イロイロな「あなた」へのメッセージを動画にしている。

 数個見た感想は・・・「現状に不満があるでしょ?だったら変えましょう」って構成
 ただ、「どう変わるか」は伝わってこなかった。

 では、公約チェック
 と思ったらいきなり

 このやり方は好感が持てないな。
 というのも、「G7の国と比較」ってルールならまだわかるけど、グラフに表示ている国がバラバラなんですよ。
 これって「都合のいい数字を集めてるだけ」ってことだから・・・「印象操作」だと思う。
 

 ただ、公約の中身は魅力的だよ。

 ・年収1000万円まで所得税ゼロ
 ・時限的な消費税5%

 これだけでも、年間何十万円も「可処分所得」は増えるだろうね。
 ただ、この政党のメンバーってあの「民主党」の時のメンバーなんだよね・・・
 中年世代は「月2万円の子ども手当」「高速代無料」とか言って「政権取ったけど実現できなかった」の記憶がぬぐえないよね。
 まぁ、昔のことをいつまでも出すもの「ずるい」気がするが、「同じことするんちゃう?」も正直な感想なんだよね。
 だからこそ、他の政党以上に「実現できる根拠」を強調する作戦が必要と思うんだけどな。

 

 で、最後に気になったのは

 いつもの「8割以上の法案に賛成しているんです」系の話かと思ったがどうも違うぞ。
 「46法案提案して18法案成立した」とのこと。
 ・・・すごいやん(; ・`д・´)

 これは気になるので中身チェック!!
 数が多いので、さらっと見た結果だが、どれも「金をばらまく」とか「必要な政策を講じる」とかで「だれも反対しない」提案が多い印象。
 「とりあえずイロイロ出しとして、実現すれば俺が提案した法案や」って言ってるみたい。
 これは・・・違うでしょ!?

 やっぱり全体的には「不安」かな。

 

 総括!!
 「現状に満足している」→自民党
 「現状に不満があり何かが変わって欲しい」→立憲民主党
 ってところだろうね。

 さぁ、結果はどうなることやら(*´▽`*)

コメントを残す